ABOUT
WORK
Crazy Raccoon
CrazyRaccoonCupApexLegendsVol.9MainTitle
第9回Crazy Raccoon Cup Apex Legendsに使用されるオープニング映像を制作。
Crazy Raccoon Cupは、esportsの発展を目的としたプロゲーミングチーム「Crazy Raccoon」主催の大会。プロゲーマー、ストリーマー、クリエイター、タレントなど、様々な分野で活躍する人物が招待されるオンラインイベント。
感動を追体験
このイベントのファンに向けた映像となっており、各出場者が前回大会の配信上で実際に話していた音声を映像に取り入れることで、大会の感動が追体験できる内容になっている。
映画予告をモチーフに期待感を煽る演出に仕上げるため、歴史を語るようなナレーションを合わせた。
色は赤と白と黒とシンプルに選択したが、退屈な展開にならないように場面場面での文字と背景の色に気を使った。
漢字にはゴシック体、かなには明朝体を使用。極太の書体を採用し、漫画のようなメッセージ性のある言葉を力強く伝えるように意識をした。
「ある者は盤上を見通す洞察力で、」「言ったじゃん ミスしなかったら絶対勝つ」
「ある者は飛躍的な成長を遂げて、」 「出てよかった ふたりと」
「ある者は己の限界を超えて。」「奈羅花さん、絶対俺ら耐えるで」
「激闘の末、証明してみせた。」
各チームごとにTwitterのハッシュタグがあり、印象的なシーンにおいてはたくさんのコメントが投稿がされている。実際にSNSで投稿されたテキストを表示する発想を得た。
オフラインの会場ではなくオンラインでSNSやコメント欄を中心にインターネット全体で大会を盛り上げていくCRカップにとって、視聴者の「文字」が「歓声・応援」になることから、プレイヤーたちの声と共にビジュアル化した。
「俺勝つわ」「ッしゃおらぁぁぁああ!!!」
「あんな楽しいかってくらい楽しかった」「魔王蹂躙」「俺マジこのチームでよかったっすわ」
「砕け散れェ!!」「楽しいなApex!」「最高だ!!!」
「確信の向こうの未来を魅せて」
第三者が前回大会を振り返るナレーションに合わせて、視聴者目線のキャッチコピーを制作した。
ゲームが上手い人を見ていると、まるで未来を見ているのではないかと思うようなプレイがある。 前回大会で多くの人が魅せられたシーンの一つである「俺勝つわ」と宣言してからのチャンピオンも、その確信の先には勝利という未来が待っていた。 また、大会の配信には数分の遅延があり、視聴者が見ている世界よりも参加者は少し先の未来にいると言える。 未来で魅せるプレイをしてくれることを期待して配信を見ているファンの気持ちを込めた。
謎を撒く
映像にリンクした謎解きを制作することで、繰り返し見たくなるような仕掛けをしている。
Production Credits
制作
nim
監修+ CGデザイン + モーションデザイン
Nate
美術監修
Nate, Kaoru Miyazaki
音響
Mameyudoufu
ストーリー
Nate, 城 伊於里
天月
CGデザイン
Mintoll
スペシャルサンクス
台島 逸成, 力, Kenshiro, はまりょー, REiKA, Daityan, ToMaTo, みっこ, サハラ, CRスタッフの皆さん, CRカップ視聴者の皆さん
etc.
nim
nim Logo Animation
Riot Games, RAGE
2022 VCT Stage2 - Challengers JAPAN Playoff Finals Main Title